アズとお兄ちゃんと、写真と僕と

dapon2005.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 17日

天王寺動物園(その1)



5月14日(土)は、家族で大阪の天王寺動物園に行ってきました。
何枚か写真を撮ってきましたので、何回かに分けてご紹介していきます。

この動物園も最近流行の「行動展示」を進めてまして、多くの動物が狭い檻から解放されていました。彼らは、昔の狭い檻の中で見られたような暗く沈んだ表情はしていませんでしたが(僕はあれが大嫌いだったんですよね)、何と言いますか、僕の勝手な思い込みかも知れませんが、皆どことなく寂しそうに見えました。
彼は、見上げた空に何を見ていたのでしょうか。

あかんなぁ、自分の撮った写真で感傷に浸ってもうた・・・(^^ゞ


さてと、レンズのお話も少々。
この日のメインレンズは、シグマの50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM。
運動会スペシャルとして購入したレンズなんですが、こいつは動物園スペシャルでもありました。

何よりも画角の守備範囲の広さが魅力のレンズです。
EOS 7Dで使用する場合、35mm判換算で80mmの中望遠から800mmの超望遠まで、これ一本でカバーしてしまいます。動物園などのように、被写体との距離が自由にならないシチュエーションでは、この守備範囲の広さはとっても心強い武器になります。

また、デカくて重たいレンズなんですが、その分、描写のほうも非常に満足度の高いものとなってます。手ブレ補正も強力で、今回は一脚も使用せずに全て手持ちで撮影できちゃいました。

それにしても、35mm判換算で800mmの望遠レンズって、凄いです。
僕のブログでは基本的に写真を3×4で掲載していますので、この写真も左右をトリミングしてますが、上下はノートリミング。つまり、ファインダーではこのサイズで見えてるわけなんです。
動物の表情まで見ることができるので、撮っててゾクゾクしてきます。
[PR]

by dapon2005 | 2011-05-17 22:03 | スナップ


<< 天王寺動物園(その2)      近況報告(その2) >>