2005年 10月 18日

今週末なんだ



すっかり油断していたんですが、リコーGR-Dの発売日は今週の金曜日でした
僕には発売日に買えるだけの財力がないので、発売日を気にする必要はないわけですけど
やっぱり気になるカメラですからね~、ワクワクしてしまいます
GR BLOGにはプロじゃない方による作例も多数掲載されていて
これらの写真を見る限り、どうしても期待しちゃうカメラなんですよ

で、単焦点28mmのカメラってどんなものかを疑似体験しようと
AF20mmF2.8NEWを買ってα-7DIGITALで使ってみたんですが
これが予想以上に楽しいレンズなんです
寄りも引きも自由自在、少し角度を変えるだけでファインダーの中はグイングインと変化する
なのに、扱いに困るほどの広角でもない

これはもちろん、GR-Dの最重要ポイントである大きさ重さを無視した疑似体験なんで(笑)
ポケットサイズでこの感覚が楽しめるとなると、俄然、GR-Dへの興味が増しちゃうんですよね~

【10月20日 追記】
↓この記事、これまでと微妙に言い回しを変えてきているのは、なぜ?
http://www.ricoh.co.jp/koko/gr_digital/01/index.html

何よりもGRなボディサイズを優先したんじゃなかったっけ?
「このサイズに収まるレンズ」「このサイズに収まるCCDサイズ」
つまりは「このサイズで実現可能な高画質」だったはず

発売直前になって、画質最優先のような印象を与えるこの記事は、何?
メーカーサイトだとしても、嫌な感じ



 

α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW


α-7DIGITAL & AF20mmF2.8NEW
[PR]

by dapon2005 | 2005-10-18 23:20 | カメラ&レンズ


<< 「~しなきゃ」を止める      長雨は イヤやねぇ >>