アズとお兄ちゃんと、写真と僕と

dapon2005.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 18日

DK-21M(その2)

先日 DK-21Mをα-7DIGITALに取り付けましたが(12月16日の記事→こちら
実際に使ってみたら不満な点も出てきましたので 今回はその改善策

(不満その1)純正アイピースを外した後のボディの角が痛い
(不満その2)DK-21Mの下部が空いているので、鼻息などで接眼部がすぐに曇ってしまう
(不満その3)目の周りを覆う形のラバーアイカップが付けられない


ここで赤丸で囲んだ箇所が痛いんです(笑)
僕の構え方だと ここに眉毛の上あたりを押し付けてカメラを固定し ファインダーを覗きます
純正のアイピースだと ここが柔らかいゴムで心地良かったんですが
突然 強化プラスチックの硬い角っちょになってしまいました・・・(泣)

それで こうしました


発砲ゴムの両面に布が貼り付けてあるもの たぶんウェットスーツの素材だと思うんですが
これを適当に切り取って両面テープで固定しました
どうですか? 意外にしっくり来てませんかね? 自画自賛?(笑)

覗いたときのフィット感は上々で 純正アイピースよりも心地良いくらいですよ
純正の取り付けに比べると少々緩かったDK-21Mも これでしっかり固定できましたし
結果的に上左右を塞ぐ形にもなり ファインダーの曇りも防止できました
不満その1とその2は解決です!

アングルファインダーが使いたくなったらどうしようか・・・ それは思案のしどころですね(笑)
両面テープなんで簡単に外せるんですが また付けるのが面倒くさいしなぁ

ちなみに この材料の調達先は100円ショップです
B6サイズの「EVAクッションケース 少し厚地タイプ」を解体して使ってます
品物ではなく素材を探しに行っても 100円ショップは宝の山に見えてきます(笑)

残るはラバーアイカップの装着 これは年末までの宿題ですかね

 
[PR]

by dapon2005 | 2005-12-18 23:06 | カメラ&レンズ


<< 冬の朝      通勤用カメラバッグ >>