2007年 02月 18日

タムロン28-75/2.8とISO1600





2月11日(日) 近所にあるランチバイキングのお店に行ってきました。
3歳以下の子供は無料、つまり、アズはタダというとても良心的なお店です (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

閑話休題
標準ズームレンズを買いました。
TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACROです。
レンズの詳細はこちらをクリック!
※今日の写真は、クリックすると大きな画像(長編1280ピクセル)が見られます。

昨年の秋にEF24-70mm F2.8L USMを手放したのですが、
子供のスナップを撮るには標準ズームがあったほうがやはり便利なんですよね。
EF24-70mm F2.8L USMの再購入も考えて何度か試写しましたが、
あの大きさと重さはどうしても気になってしまいますし、何よりお値段が・・・ (^^ゞ
それで、巷で評判の良いタムロン28-75/2.8を買いました。

このレンズ、コストパフォーマンスの高さが際立ちます。
この値段でこの写り、特に軽く絞ってからの描写は凄く良いです。
もちろん開放絞りの解像感もしっかりと実用域にあります。
ボケの質はEF24-70/2.8Lのほうが僕の好みかな、
でも、それぞれで撮られた写真を並べられても判別は難しいな(笑)。
これで広角が24mmスタートで、もう一息AFが速ければ文句なしですが、
今さらながら、うん、これは良いレンズだと思います。

レンズテストのついでに、EOS 5DのISO1600も使ってみました。
今日の写真は3枚ともISO1600で撮影しています。
子供スナップでISO1600を使うのはたぶん初めてかも。
結論から言うと、これも使えますね♪
ノイズレスと評判の高いEOSデジタルですが、
実は暗部には結構な色ノイズが載って来るんですよ。
これを理解した上で適切な露出を探って使えば、
ISO1600でも人肌の描写に十分対応できることがわかりました。
もちろん、原寸で確認すれば高感度なりの画像ですよ。

今日の写真はSILKYPIX3.0でRAW現像しています。
露出、ホワイトバランス、コントラストの補正とカラーモードの変更をしていますが、
特別なノイズ除去の操作はしていません。既定の「ナチュラル」のままです。
EOS 5DのISO1600が優秀なのかSILKYPIX3.0のRAW現像が優秀なのかわかりませんが、
いずれにしろISO1600でも必要十分な画質が得られることがわかりました。
おかげで、F2.8ズームレンズの使い勝手がかなり良くなりそうです。



Data:体重78.2kg BMI=23.8 体脂肪率20.0%
[PR]

by dapon2005 | 2007-02-18 23:59 | カメラ&レンズ


<< Gallery 2B      フー・アー・ユー? >>