2007年 07月 12日

実験してみました。

アンダーで撮影した後にRAW現像で露出補正した場合と、ISO感度を上げて撮影した場合、どちらのほうがノイズやその他諸々の具合がよろしいのかな?と思いまして、ベランダで咲いているアサガオでテスト撮影してみました。

A:ISO400、-2露出補正で撮影、RAW現像で+2露出補正
B:ISO1600、露出補正なしで撮影、RAW現像でも露出補正なし

A,Bどちらの場合でも撮影時の露出は絞りF8、シャッター速度1/50秒と揃っています。
画像をクリックすると大きな画像を見ることができます。


A


B


A(クリックするとピクセル等倍)


B(クリックするとピクセル等倍)


A(クリックするとピクセル等倍)


B(クリックするとピクセル等倍)

いかがでしょうか?
今回はDPPでRAW現像しましたが、SILKYPIXだとノイズ処理はもっとよくなると思います。
いずれにしても、僕なら、暗くてシャッター速度が稼げないときには
積極的にISO感度を上げて撮影しようと思いました。

以下は参考までに。(ISO400、F8、1/13秒、露出補正なし)







【追記】
今回は2段もの露出補正をかけた極端な例となります。
1段分の補正だったらどうなるのか、等々、露出の落としどころはいろいろありそうですね。


Data:体重72.0kg BMI=21.9 体脂肪率15.4%
[PR]

by dapon2005 | 2007-07-12 22:20 | カメラ&レンズ


<< EF24-70mm F2.8L...      アサガオのある朝、ロディもいるよ。 >>