アズとお兄ちゃんと、写真と僕と

dapon2005.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 14日

EOS 5D MarkII が来るそうですね



EOS-1D Mark III はホンマに良いカメラ♪ (* ̄∇ ̄*)
連写もAIサーボもほとんど使わない僕なんですが、そうなんです、僕はまったくもってこのカメラらしい使い方をしていないのですが、それでもこのカメラは凄いなぁって思います。

いろんな操作に対するEOS-1D Mark III のレスポンスの良さは素晴らしいし、AFも素晴らしいの一言。中央以外のAF測距点がこれだけ頼りになるカメラは、僕はこのカメラが初めてです。
このカメラで掴めなかった瞬間は他のどんなカメラでも掴めないんだろうなと、要は僕の腕がまだまだなんだと素直に思えてしまいます。



 
しかしながら・・・
噂のEOS 5DmarkⅡが僕の期待通りに進化していたならば、僕はまた買い替えるつもりです。
EOS-1D Mark III の機能やスペック的にはどこにも不満はないのですが、白状しますと、僕の写真には大げさすぎるような気がしていまして・・・ (^^ゞ

ホンマに情けない話なので少々恥ずかしいのですが、撮影にこのカメラを持ち出す前に、カメラに負けないようにと無駄に気合が入ってしまうんですよね。もっと言えば、このカメラからプレッシャーを感じてしまうんです。
僕の写真は、ご覧の通りどれもこれも気合を入れて撮るようなものではありません。もちろん、シャッターを切る瞬間にはこれ以上ないほど神経を研ぎ澄ましていることもありますが、基本的には気楽に撮っています。少なくともカメラを持ち出す前に気合を入れるようなことはしませんし、したくもありません。
でも、EOS-1D Mark III だと妙に気合が入っちゃうんですよね。

それと、気になっているのがシャッター音の音圧の高さ。
8ヶ月も付き合ってきたので僕はだいぶ慣れましたが、撮影中、周りの方々はこの音に威圧感を感じてしまうようです。音質的には快音だと思いますが、突発音としてちょっと大きすぎ。僕のキャラが、その都度、笑顔を振りまいて場を和ませられるようだったら問題ないのでしょうが ・・・(^^ゞ
EOS 5Dで撮っていたときにはこんな感じはありませんでした。その頃は周りが見えていなかっただけじゃないのかとも考えましたが、そうではありません。最近は子供たちと公園で遊ぶのに、EOS-1D Mark III を持ち出すことを躊躇するようになってしましました。

もう少しだけフレンドリーな、身の丈にあったカメラほうが僕には良いような。
良すぎる道具も考えもの、なのでしょうかねぇ・・・(A^_^;



う~む、ここまでつらつらと素直な気持ちを書いてきてみたんですが、これはどう読んでみても屁理屈でしかないですなぁ・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
新しいカメラを使ってみたいんだ~!ってのが本音の根っこの部分なんだけど、それだけじゃ自分を納得させられないですからね、カメラを買い替えようとするたびに毎回こんなことをあれこれ考えているような気がします。 もうこれ、病気みたいなもんです。
[PR]

by dapon2005 | 2008-09-14 23:44 | カメラ&レンズ


<< 夏マクロ      マクロ三昧したいのに >>