アズとお兄ちゃんと、写真と僕と

dapon2005.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 07日

RAW現像ソフト あれこれ

【伊達淳一のデジタルでいこう!】デジタル一眼6機種画質対決
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2008/11/06/9544.html

この記事を見ていて僕が気になったのは、機種ごとの比較じゃなくて Camera RAW 4.6 でした。
この設定でこの仕上がりなら、繊細でイイ感じのRAW現像じゃないのかな、と。

早速「Adobe Photoshop Lightroom 2」の無償体験版をダウンロードしてみました。
Adobeのサイトによると、Camera RAW 4.6 は EOS 50D のRAWデータに対応済みだけど
Lightroom 2 は近日対応予定となっているのですが、とりあえず問題なく使えました。

かなり良いんじゃないですか、これ。
実はバージョン1が登場したばかりの時にも無償体験版を試してみたんですが、
残念ながらその時の印象は「使えないソフト」でした (^^ゞ
でも、このバージョン2は別物ですね。
機能が豊富で覚えることはたくさんありそうですが、とりあえずの一連の作業ではマニュアルを読んでいなくても操作に迷うことがなかったですし、サクサクと軽快に動作するのも好印象です。

DPPのシャープネスが EOS 50D だとちょっと線が太く感じることもあり、これからはSILKYPIXを多用することになりそう、でも動作がちょっと緩慢なのでパソコンを3~4万円くらいかけてパワーアップしなきゃなぁ、そんなことを考えていたのですが・・・。
Lightroom 2 という解決策もあるみたい (* ̄∇ ̄*)

こちらのハンドブックも参考になりました。
玄光社 コマーシャル・フォト10月号「LIGHTROOM 2 ハンドブック」
http://www.genkosha.com/lr2/handbook/

e0008536_0354383.jpg
Digital Photo Professional Ver3.4.1 でRAW現像


e0008536_0372786.jpg
Lightroom 2 でRAW現像


e0008536_0535043.jpg
SILKYPIX Developer Studio 3.0 でRAW現像


3つのソフトを使って、それぞれ僕がベストだと思う設定でRAW現像してみました。
キラキラ感とか立体感とかの微妙なところで違いが出てくるようです。
僕には Lightroom 2 の仕上がりが一番イイ感じですね。(* ̄∇ ̄*)
[PR]

by dapon2005 | 2008-11-07 23:22 | カメラ&レンズ


<< ただいま、なのかな      拝啓 ブルース・リー 様 >>