アズとお兄ちゃんと、写真と僕と

dapon2005.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カメラ&レンズ( 84 )


2015年 01月 01日

謹賀新年


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします、と言いたいところですが、昨年の更新は4月で止まってしまってましたから、このブログが今年も続くのかどうか、いや~怪しいところです(^^ゞ

ま、とにもかくにも、この超スローペースで続いていくとは思いますし、何かのきっかけで以前のペースに戻るかも知れませんし(それはないか)、ゆったりした気持ちでお付き合いくださいませ。
[PR]

by dapon2005 | 2015-01-01 07:52 | カメラ&レンズ
2014年 04月 09日

フィルムシミュレーション


スタンダードな「PROVIA」


鮮やかな「Velvia」


肌色再現性が特長の「ASTIA」

 フジのXシリーズの魅力、その一つはフィルムシミュレーション。我流のRAW現像で色々追い込んでみても、なかなかこの感じは出せません。僕は今のところJPEG撮影をメインとしていますので、どのフィルムを選択するのかは結構重要な問題だったりします。 この3枚、随分と印象が変わりますよね。桜を撮るのにもこんなにも変わるわけで、現場で今回はこれって決断するのは、僕にはまだまだ悩ましい(^_^;)

 アドビのRAW現像ソフト「Lightroom」が5.4にバージョンアップして、X-T1のRAWファイルに対応し、同時にフィルムシミュレーションの再現にも対応しました。ただ、カメラ内RAW現像の結果とそのまま同じとはいかないようで、あくまでもアドビによる再現とのこと。フジとアドビはXシリーズのRAWデータの画像処理について協働していますので、どの程度再現できているのか、とっても気になるところです。

 残念ながら単身赴任先のこちらにはX-T1のRAWファイルがないので、まだ自分で試せていないのですが、ネットで見た現像比較では、まだまだカメラ内RAW現像のほうが綺麗な感じ。フジフィルム謹製のJPEGはやっぱりレベル高いんですなぁ。

 でも、構図内の輝度差が大きくてダイナミックレンジを上げて(ということはISO感度を無理やり上げて)撮影していたような場面では、RAW撮影の出番となりそう。これまでEOSではRAWオンリーで撮影してきましたが、多分これからは、RAW+JPEGで撮ってパソコンに取り込み、確認してJPEGでOKだったならRAWは残さない、というワークフローになりそうな予感。
[PR]

by dapon2005 | 2014-04-09 23:15 | カメラ&レンズ
2014年 04月 03日

X-T1 & XF14mmF2.8 R


X-T1 & XF14mmF2.8 R

 先週末にXF14mmF2.8 Rを買いました。今まで広角はズームレンズしか使ったことがないので、人生初の広角単焦点となります。換算21mmは超広角の部類だと思いますが、意外に使いやすい画角です。
 さすがの超広角、これはアイレベルで撮ったものですが、ちょっと俯瞰っぽくも見えます。



X-T1 & XF14mmF2.8 R

 実はこのレンズ、写真では見てましたが実物は見ずに買いましたんで、箱から出した時の第一印象は「小さっ」でした。僕の知ってる14mmレンズってどれもデカいですからね~。改めてAPS-Cサイズに特化したXマウントの良さを実感できましたよ。この小ささでこの描写なんですからね。こいつも期待を裏切らないフジノンレンズの優しい描写です。

さて、これで僕のレンズラインナップは一応の完成です。
FUJINON XF14mmF2.8 R
FUJINON XF23mmF1.4 R
FUJINON XF35mmF1.4 R
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

 フルサイズと比べるなって怒られるかもしれないけど、これと同等の写りが期待できるシステムをEOSフルサイズで組もうとすると、お値段的には3倍以上するんじゃないかな。Xシリーズのコストパフォーマンスは素晴らしいです。

後は、今年の後半に出るとされる超望遠ズーム待ちですね。
さあて、今年はいっぱい写真を撮るぞい(*^_^*)
[PR]

by dapon2005 | 2014-04-03 23:29 | カメラ&レンズ
2014年 03月 30日

X-T1 & 縦位置グリップVG-XT1


iPhone 5s

 X-T1用の縦位置グリップを買いました。
 この手の後付けグリップにはあまり良い思い出がないのですが、ネットでの評判がよろしいので気にはなっていました。ヨドバシカメラのポイントがそこそこ貯まってましたんで、ポイントで買うなら損もしないだろうって自分に言い聞かせて、本日、大雨の中、ヨドバシ梅田まで行ってきました。



iPhone 5s

 外は雨なので実戦投入は来週末以降となりそうですが、いろいろとレンズを付け替えて試してみた感じ、良さげです。握った感じが本体のグリップと変わらないですし、本体だけでは余っていた右手親指の付け根と小指とが、横位置・縦位置ともにグリップに参加することができるので、手振れの軽減には間違いなく寄与します。違いはファインダーを覗いていてわかるくらい。



iPhone 5s

 XF35mmF1.4を着けた状態で自立できますが、ホントにギリギリのバランスです。



iPhone 5s

 バッテリー残量も本体内と縦位置グリップ内が別々で表示されるようになりますし、縦位置グリップだけにバッテリーを入れて使うことも可能です。縦位置でのフォーカスポイント選択も僕の場合は問題なしでした。手の小さな人には厳しいかも。

 実戦で使っていくうちに気になる点が出てきたらお知らせしますけど、今のところ無問題です。縦位置グリップを着けると、X-T1に感じていた信頼感がちょっと増したような、そんな感じになります。
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-30 15:14 | カメラ&レンズ
2014年 03月 29日

X-T1 & タムロン90mmマクロ


X-T1 & タムロン90mmマクロ

 X-T1用にタムロン90マクロを買いました。
 と言ってもXマウント用は発売されていませんので、絞りリングのあるペンタックスKマウント用をマウントアダプター経由で使います。そもそも僕は、マクロ撮影ではマニュアルフォーカスしか使わないですし、X-T1では絞りリングでF値を設定するのが普通ですから、マウントアダプター経由でも、使っていて違和感は全くありません。

 言わずと知れたタムロンの銘玉マクロ、その描写は疑いようのない素晴らしいものです。手振れ補正機能の付いた新型が出てますが、僕はこの型の優しい感じの描写が好きなんですよね。

 今週末は土日ともに雨を覚悟していたんですが、今朝は時折晴れ間も見えるギリギリの撮影日和。ようやく咲き始めた近所の桜を撮りに、テストもそこそこに早速の実戦投入です。まだまだ一分咲きってところで、標準や広角のレンズではなかなか絵になりませんから、こういう時はマクロレンズの出番ですね。



X-T1 & タムロン90mmマクロ

 XF60mmも素晴らしいマクロレンズなのですが、ハーフマクロってところに多少の物足りなさがあります。今回タムロン90マクロを使ってみて、やっぱり等倍マクロってイイな、と思いました。ググッと寄れるレンズは良いレンズ、僕の持論です(笑)

 どうやら来週末ぐらいにこの辺りが満開となりそうな感じ。今年は奈良の桜の銘木「又兵衛桜」を撮りに行きたいんですよね~。まだ実物を見たこともないんで、会ったら感動するんだろうな。何とかスケジュールの調整つけて、ついでに良いお天気にも恵まれたいな。
贅沢かな(^^ゞ
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-29 19:14 | カメラ&レンズ
2014年 03月 25日

X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

EOS時代に愛用していた銘玉EF70-200mmF4の役割を期待して購入したレンズ。
今のところ一番出番の少ないレンズなんですが、この期待には十分に応えてくれそうな予感。
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS、こいつもフジノンレンズの魅力満載のようです。



X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

まだまだ撮影枚数が少ないので使い勝手がどうとか言える段階ではないですが、
55mmスタートってのは、やはり良いですね。
広角側と望遠側の描写の違いが大きくなさそうなのもイイ感じ。
このズーム域でこの描写で、重さがたったの580gなのも良いです。
接写リングとの相性がどんなものなのか、今から楽しみです。
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-25 23:59 | カメラ&レンズ
2014年 03月 24日

X-T1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


X-T1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

決してカリカリじゃないんだけど、ピントに芯のある、しっかりとした描写をするレンズ。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS に対する僕の第一印象はこんな感じ。
もちろんこいつもフジノンレンズらしい優しい写りのレンズです。



X-T1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

同時に購入した単焦点レンズたちが素晴らしすぎるんで、
今のところ出番が少ないのは仕方がないかな。



X-T1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

でも、EOS 7Dではシグマの17-50mmF2.8が僕の常用レンズでしたから、
いずれはこのレンズも出番が多くなりそうな予感。
アズのエレクトーン発表会なんかは間違いなくズームレンズの出番ですしね。



X-T1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

あともう少し、シグマ17-50mmF2.8くらい被写体に寄れると文句なし。
昨日は接写リングを発注しましたんで、どうなるのかお楽しみ。
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-24 23:58 | カメラ&レンズ
2014年 03月 23日

X-T1 & XF35mmF1.4 R


X-T1 & XF35mmF1.4 R

Xマウントの始まりから、定番レンズの地位を譲らない銘玉。
スナップからポートレイト、風景に物撮りまで、撮影対象を選ばないオールマイティーなレンズです。
精緻なピント面となめらかなボケ、繊細で優しい描写が絞っても大きく変化しないのが良い。



X-T1 & XF35mmF1.4 R

純正フードを装着したクラシックな外観は、とてもカッコいいと思います。
ピントリングを回す感触も、往年のMFレンズのようにしっとりした感じで好ましい。



X-T1 & XF35mmF1.4 R


X-T1 & XF35mmF1.4 R

ピントリングが僕の嫌いな無限回転式だったり、AF時の音が意外に大きかったり、
かぶせ式のフードキャップが実用性ゼロだったりと、それなりの欠点はあるんですけど、
そんなのどうでもいいんじゃない、と思ってしまうレンズです。
電源投入でジーコジーコと音を立てたりするのも、なんとなく可愛く思えてしまう。



X-T1 & XF35mmF1.4 R

Xマウントを使うなら、このレンズを使わないのはもったいない。
キャッシュバックキャンペーン中の今なら、実質4万円で入手可能。
コストパフォーマンスも一級品なんです。
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-23 16:48 | カメラ&レンズ
2014年 03月 22日

X-T1 & XF60mmF2.4 R Macro


X-T1 & XF60mmF2.4 R Macro

XF60mmF2.4 R Macro は、現在、Xマウント唯一のマクロレンズ。
もちろん、豊富に出揃っているマウントアダプターを経由すれば、
使えるマクロレンズは僕の知らないものを含めてたくさんあるでしょうが、
今のところ、Xマウントのマクロレンズはこれ1本。


X-T1 & XF60mmF2.4 R Macro

でもこのレンズ、マクロレンズとして使うには使い勝手がイマイチなのが惜しい。
微調整のやりやすさを考慮したのか、ピントリングの回転角が大きすぎて、
ぐるんぐるん回さないとピントが合わないんですよね。
そしてそのピントリングは、最短撮影距離で止まらない無限回転式。
この2つは、昆虫などを撮ろうと思ったら結構致命的だったりします。


X-T1 & XF60mmF2.4 R Macro

でもですね、このレンズの写りは間違いなく一級品なんです。
ピント面の切れ味は繊細で、ボケも極めてなめらか。
僕の知る限り最高レベルの描写です。
寄れる中望遠レンズとして使えば最高。

ところで、かのツァイスからXマウントの50mmマクロプラナーが発売されるそうな。
銘玉のAPS-Cデジタル対応がどのような写りをするのか期待してますけど、
製品写真を見る限り、ピントリングは無限回転のようです。

この辺の使い勝手を気にするのは、今は少数派なんでしょうかね。
今どきのマクロ撮影はAFが前提だったりするのかな。
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-22 19:35 | カメラ&レンズ
2014年 03月 21日

X-T1 & XF23mmF1.4 R


X-T1 & XF23mmF1.4 R

すっかり気に入ってしまいました。良いレンズです、XF23mmF1.4 R
とても扱いやすい画角と素直な描写が、使えば使うほどイイ感じ!
「しっとり」とか「すべすべ」とか金属の冷たい感じとか、そのものの質感を見事に描写してくれます。



X-T1 & XF23mmF1.4 R

ガラスじゃない、ちょっと厚めの透明アクリルのくすんだ感じとか



X-T1 & XF23mmF1.4 R

すべり台の金属のパイプの冷たさとか、



X-T1 & XF23mmF1.4 R

プラスチックとゴムと金属とコンクリート、その質感の違いをホント見事に描写してくれてます。
ブログに載せてるこのサイズの写真でそれが伝わるのか、
ちょっと不安ではありますが・・・(^^ゞ
[PR]

by dapon2005 | 2014-03-21 15:31 | カメラ&レンズ