「ほっ」と。キャンペーン
2014年 04月 11日

週末はどうなる、俺


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 この週末にはどうしても又兵衛桜の満開?を撮りたいんだけど、今はまだ単身赴任先の香川にいるオイラ。予定では奈良の家で、もう寝てるはずだったんだけどなぁ~。会社でちょっとしたトラブルあり、明日の午前中まで寮で待機状態。ツライよ~(^_^;)
[PR]

# by dapon2005 | 2014-04-11 23:33 | スナップ
2014年 04月 10日

今週末も又兵衛へ


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

うーむ、やっぱりこれは、満開にはもう一歩だよな。
又兵衛桜の満開ってどうなんだろ?

そいつを確かめに、今週末も行くぞ~!
花終わってたらどうしよ(^_^;)

今度は三脚持って、ISO200のRAWでじっくり撮ろうかな。
[PR]

# by dapon2005 | 2014-04-10 21:52 | スナップ
2014年 04月 09日

フィルムシミュレーション


スタンダードな「PROVIA」


鮮やかな「Velvia」


肌色再現性が特長の「ASTIA」

 フジのXシリーズの魅力、その一つはフィルムシミュレーション。我流のRAW現像で色々追い込んでみても、なかなかこの感じは出せません。僕は今のところJPEG撮影をメインとしていますので、どのフィルムを選択するのかは結構重要な問題だったりします。 この3枚、随分と印象が変わりますよね。桜を撮るのにもこんなにも変わるわけで、現場で今回はこれって決断するのは、僕にはまだまだ悩ましい(^_^;)

 アドビのRAW現像ソフト「Lightroom」が5.4にバージョンアップして、X-T1のRAWファイルに対応し、同時にフィルムシミュレーションの再現にも対応しました。ただ、カメラ内RAW現像の結果とそのまま同じとはいかないようで、あくまでもアドビによる再現とのこと。フジとアドビはXシリーズのRAWデータの画像処理について協働していますので、どの程度再現できているのか、とっても気になるところです。

 残念ながら単身赴任先のこちらにはX-T1のRAWファイルがないので、まだ自分で試せていないのですが、ネットで見た現像比較では、まだまだカメラ内RAW現像のほうが綺麗な感じ。フジフィルム謹製のJPEGはやっぱりレベル高いんですなぁ。

 でも、構図内の輝度差が大きくてダイナミックレンジを上げて(ということはISO感度を無理やり上げて)撮影していたような場面では、RAW撮影の出番となりそう。これまでEOSではRAWオンリーで撮影してきましたが、多分これからは、RAW+JPEGで撮ってパソコンに取り込み、確認してJPEGでOKだったならRAWは残さない、というワークフローになりそうな予感。
[PR]

# by dapon2005 | 2014-04-09 23:15 | カメラ&レンズ
2014年 04月 06日

又兵衛桜


X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 ようやく、念願かなって「又兵衛桜」を撮ることができました。奈良に住むと決めた時から撮りたかった桜ですから、かれこれ5年越しの思いだったりします。桜が咲いてる土日が雨じゃなくて、仕事も休み。この2つの条件が揃うことって、意外となかったんですよね。

 しばらく天気予報は土日ともに雨だったのですが、前の晩に土曜の午前中だけは薄日が差すかも、と予報が変わりました。念のため早起きしてみると、朝日が見えるじゃないですか! 晴れてるやん!ってことで、大慌てで車に乗り込み1時間、これでようやく5年越しの夢が叶います。何とか天気は持ちそうです。



X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 目的地は奈良県南部の山の中、僕が住んでいるところより幾分か寒いのですが、道すがら見えているソメイヨシノはまだまだ咲いていません。肝心の「又兵衛桜」の開花情報を確認せずに家を出ましたんで、到着するまで若干不安でした。

 がしかし、僕の思いを組んでくれたのでしょうか、まだ満開ではありませんでしたが、7分咲きの見事な枝垂桜が、僕を出迎えてくれました。これが満開だったり、日の出に間に合ったりしていたら、僕はこの桜に出会えた瞬間に泣いていたかもしれません(笑)



X-T1 & XF14mmF2.8 R

 樹齢300年ともいわれる古木なのですが、添え木に支えられた老木ではありません。その凛とした立ち姿には威厳が漂い、それでいて、柔らかく垂れ下がった枝に咲く花々は、優しい雰囲気を醸し出しています。どこをどう切り取っても絵になりそうで、ワクワクが止まりません。

 しかもこの日の天候は目まぐるしく変化し、晴れ間がのぞいたかと思えば突然に雪も降りだす始末。おかげで桜の表情も目まぐるしく変化しますから、撮ってる僕は大忙し。あちこち歩き回ってアングルを変えながら、レンズもとっかえひっかえ替えながら撮りまくり。こんな撮り方してたのは僕くらいでしたけど(笑)

 みなさん、三脚にカメラを固定して、望みの光が差してくるのをじっくり待っているんですよね。定石と言えば定石の風景写真撮影のやり方なんですが、そんな辛抱するのは僕には無理ですから(笑)



X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 そうやって撮った写真は2時間半で400枚ほど。僕は連写はしませんので、歩いてアングル変えてシャッターを切った回数が、こうだったということ。1本の桜を撮るのにこんなにシャッターを切ったのは人生初です。たくさん撮れば良いのが撮れるとは思ってませんが、満足感は相当なものですよ(*^_^*)



X-T1 & XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 ここはこの時期、この桜を目当ての人々でちょっとした観光地となります。近所の農家さんらしき方々が営んでいる駐車場がいくつかあって、料金は500円から800円くらい。僕が到着した午前7時頃は既に20名程度の撮影者がいましたが、駐車場の空きはまだまだ余裕。でも、僕が帰る9時半頃にはすでに満車でした。

 来週末もまだ咲いてるかな、運が良ければまた行きたいな。贅沢を言えるなら、今度は日の出の瞬間から夕暮れのライトアップまで、出店の饅頭やおでんを楽しみながら、思う存分「又兵衛桜」を愛でてみたいな~
(*^_^*)

追伸
かずけんさん、すんません。
時間がなくて森野旧薬園まで行けませんでした(^^ゞ
[PR]

# by dapon2005 | 2014-04-06 17:57 | スナップ
2014年 04月 03日

X-T1 & XF14mmF2.8 R


X-T1 & XF14mmF2.8 R

 先週末にXF14mmF2.8 Rを買いました。今まで広角はズームレンズしか使ったことがないので、人生初の広角単焦点となります。換算21mmは超広角の部類だと思いますが、意外に使いやすい画角です。
 さすがの超広角、これはアイレベルで撮ったものですが、ちょっと俯瞰っぽくも見えます。



X-T1 & XF14mmF2.8 R

 実はこのレンズ、写真では見てましたが実物は見ずに買いましたんで、箱から出した時の第一印象は「小さっ」でした。僕の知ってる14mmレンズってどれもデカいですからね~。改めてAPS-Cサイズに特化したXマウントの良さを実感できましたよ。この小ささでこの描写なんですからね。こいつも期待を裏切らないフジノンレンズの優しい描写です。

さて、これで僕のレンズラインナップは一応の完成です。
FUJINON XF14mmF2.8 R
FUJINON XF23mmF1.4 R
FUJINON XF35mmF1.4 R
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

 フルサイズと比べるなって怒られるかもしれないけど、これと同等の写りが期待できるシステムをEOSフルサイズで組もうとすると、お値段的には3倍以上するんじゃないかな。Xシリーズのコストパフォーマンスは素晴らしいです。

後は、今年の後半に出るとされる超望遠ズーム待ちですね。
さあて、今年はいっぱい写真を撮るぞい(*^_^*)
[PR]

# by dapon2005 | 2014-04-03 23:29 | カメラ&レンズ